読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今やるべきことが見えてくる。客観視のススメ!

 

 f:id:otokuzuki:20170520215552p:plain

 

これから、何をどうしていけばいいんだろう?

今、何をすべきなんだろう?

そんなことがわからなくなる時がありませんか?

 

アラサーともなると、

わけもなく空虚感がおそったり、

漠然と不安になったり、

捉えどころのない感情がふつふつと

沸いてくることがあります。

 

そんな時、『客観視』するようにしたら、

めちゃくちゃ視界がクリアになって、楽になりました。

 

モノゴトをクリアにする

『客観視』のススメ、まとめてみました。

 

【目次】

 

 

客観視とは?

『客観視』、辞書で意味を調べてみました。

【客観視(きゃっかんし)】
物事を自分の利害や感情などを除いた観点で考える、
客観的に考える、などの意味の表現。

※引用:客観視とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 

この、『自分の利害や感情などを除いた』

というところがキモで、

これができないと、ものごとが

どんどん複雑になっていく気がするんです。

 

自分に今足りてないモノを考えてみる

例えば、自分に今足りていないモノを

考えてみます。

 

サイトを作りたいとは思うものの、

全くの素人なので、

今の私には、

サイト構築の知識が足りてません。

 

でも、サイトを構築するって言っても、

方法が色々あるし、

どんどん技術も進化するから追いつかない。

そもそも覚えることが多すぎて無理だしな・・・

とか、感情が入ってきちゃうと

コトは複雑になる。

 

他にも、ブログを早く書ける技術が無いことが

今、私に不足していることですけど、

そもそも文才ないし、

ただ早く書いているだけなんて、

ブログを書く意味があるのか?とか、

色々な感情が沸き起こると、

結局、その課題に取り組まない。

 

利害や感情をとことん排除する

できるかできないか、損か得か(利害)、

辛そうだ、つまらなそうだ(感情)、

そんな利害や感情が入ると、

ものごとはどんどんと深みにはまって

抜け出せないし、抜け出ようとも思わなくなる。

 

もっともっと、

とことんシンプルに、

感情やできるできないはひとまず

どっかに置いといて、

『サイト構築の知識が足りない』

『ブログを早く書けない』

という、今私に不足しているものを自覚するのが

『客観視』。

 

できようが、できまいが、

つまらなそうだろうが、

楽しそうだろうが、

つまるところ、

今不足しているという事実は変わらない。

事実は1つですよね。

 

客観視でこんなに変わった!客観視のメリット

そもそも考えること自体が大好きな私は、

ものごとをとても複雑に考えがちでした。

 

こんなパターンもあるけど、

こんなパターンもあって、

そのどちらも理解してから選択しないと

損をする、、、と思うタイプです。

 

でも、『客観視』するクセが付いたら

すごくメリットがあったんです!!

 

課題がハッキリして、行動しやすくなった

これまで、漠然と、あれもやらなきゃ、

これもやらなきゃと考えていたので、

頭の中でどう行動したいか整理ができていませんでした。

 

だけど、とことん『客観視』することで、

今私に足りないことはコレで、

今取るべき行動はコレとはっきり答えを

出せるようになりました。

 

時間が有効に使えるようになった

自分が今すべきことや課題が明確になったおかげで、

時間が無駄に過ぎていく・・・と

思うことがなくなりましたし、

ダラダラとテレビを見続けることが

なくなりました。

 

すごく時間をかけていても、

以前なら、どんどん時間が過ぎていくとしか

思えませんでしたけど、

今は、必要な時間を過ごしているという感覚です。

 

ダラダラ見ていたテレビも、

少し気分転換したら、すぐに見るのを

止めるようになりました。

課題がハッキリと見えているおかげです。

 

気持ちが前向きになった

すべきことがわからない状態や、

モノゴトを複雑に考えすぎている状態は、

とても気持ちの良い状態ではありません。

 

もんもんと、うつうつと

悩み続けている状態は、行動することさえも

阻んでしまいます。

 

でも、今すべきことはコレなんだなと

客観視して捉えたことは、

多少挫折があっても、つらいことがあっても、

進むべき方向のよりどころになるので、

迷いがありません。

 

おかげで、気持ち的にもかなり前向きになりました。

 

難しくしているのは自分。モノゴトはすごくシンプル。

なにごとも、難しくしてしまうのは

全て自分なのかもしれません。

 

嬉しい、たのしい、

悲しい、つらい、

そういった感情から切り離された、

事実、事象、モノゴトを見つめる。

 

時には、事実を見ることで

嫌で、ツラい感情を呼び起こすこともある。

 

でも、”感情はひとまず置いといて”、

事実だけを見るようにする。

 

とことん『客観視』できるように

クセづけていけば、

不要な感情に振り回されることがなくなり、

すっきりしますよ!

 

何か漠然とした不安があったり、

どことなく虚しさがあったりする方は、

自分を『客観視』することをおススメします!!!

 

では、また!